スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SEO用語集「IP分散」

SEO業者が顧客を煙に巻くための専門用語第一位「IP分散」



SEO業者から会社に営業の電話がかかってきたことは無いでしょうか。あるいは、SEOの資料の送付をしてくる会社はありませんでしょうか。それらの会社の営業文句、営業資料ともに、難しい専門用語を並べ立てて、いかにもその会社のサービスに真っ当な根拠があるかのように見せたてています。
資料の中で、よく使われているのが「IP分散」という言葉です。当社サービスの○個の特徴などといったセクションで、「IP分散率100%」「クラスC完全分散」というような文句が添えられています。でも、それが何を意味しているのか、顧客の側からは判りづらいですよね。

「IP分散」の意味



親切なSEO業者は、「IP分散」の意味について説明をつけてくれているかもしれません。曰く、WEBサイトへの外部リンクを張る際の、リンク元ドメインのIPを分散させることで、検索エンジンに不正なリンクであると察知されにくくする等々。前回の良質なリンク、良質でないリンクという記事中で説明した、良質なリンクの条件、「画一的でないリンク」を満たすために、IP分散を行っているという主張です。

では、IPとは何でしょう?そして、分散させるとは?それがわかれば、業者の説明についても理解することが出来るような気がします。

IPは、サーバーに与えられる12桁の番地



IPは、123,456,789,000のような3桁ずつ区切った12桁の数字です。この数字は、サーバに与えられる番地を意味しており、たとえばAというサーバのIPが123,456,789,000だったとしたら、そのIPを持つサーバはAしかないということになります。
あくまでSEO基本入門のブログですので、細かい説明を端折りますが、この番地は同じレンタルサーバであれば似通った番地がつけられることになります。たとえばfc2.comでアカウントを2つ作成した場合、どちらのアカウントも似たようなIPアドレスになります。ちょうど東京都千代田区神田1丁目3という番地と、東京都千代田区神田1丁目4という番地のような関係です。したがって、検索エンジンとしては、この2つのアカウントからのリンクは画一的なリンクと見なし、1アカウントからのリンクとしてしか見なさない、という判断が出来ます。

そこで、画一的でないリンクと評価してもらうために、リンク元のIP分散という前提が必要となってくるわけです。

クラスC分散とは



とは言え、先の例でいいますと、東京都千代田区神田1丁目3からのリンクと、東京都町田市原町田1丁目3からのリンクが、東京都が共通しているから画一的なリンクであり、無効と判断してしまうのであれば、全てのリンクが無効となってしまいます。そこで、東京都千代田区神田まで同じだったら無効ですというような、程度による判断を取り入れる必要が出てきます。
「東京都」をクラスA、「千代田区」をクラスB、「神田1丁目」をクラスC、「3」をクラスDというように分けて、最低限クラスCが異なっていれば、画一的でないリンクとみなす。こういう方法です。IPアドレスの数字で説明すると、123,456,789,000のうち、「123」がクラスA、「456」がクラスB、「789」がクラスC、「000」がクラスDになります。クラスC分散はしたがって、「789」の部分が異なるアドレスを必ず使いますよという宣言なのです。

何故クラスC?



何故クラスCを分散の基準とするのか。これは、検索エンジンのGoogleがクラスCの数字で分散を判断するという特許を持っているからです。
特許を持っていても、使っていない可能性もあるのでは?これは実は真っ当な指摘です。SEO業者としても、その点を突かれると非常に弱いです。ただ、似たようなIPアドレスからのリンクが効果を持たないということは、実際に実証されていることなので(実証の方法は簡単ですね)、うちの会社はリンクの画一性を避けるために、クラスCの分散を保証しています!という言い方は、良い落としどころになるのです。

クラスCのIP分散は必ずしも決定的要素ではない



クラスCのIP分散が無いからといって、その業者のSEO対策には落ち度がある、と言うことはできません。ただ、業者としては、競合する業者よりもより多くのアピールポイントを持ちたい、ということで、クラスCという限度を設けた上で、IP分散の概念を持ち出しているのです。
クラスCより上、クラスBのIP分散を保証しようとすると、世界中にサーバを分散させなければなりません。クラスCであれば、日本国内でまかなうことができます。そうしたドメイン業者の都合が、SEO業者の都合より上位に存在するのです。おそらく、GoogleがクラスB分散の特許を持っていたら、売り文句には使われなかったのではないでしょうか。
スポンサーサイト

テーマ : SEO対策・アクセスアップ
ジャンル : コンピュータ

良質なリンク、良質でないリンク

実はデリケートな外部対策



SEO対策のうち、外部対策の中心となってくるのは、いかに多くのサイトから自分のサイトにリンクを貰うかということです。そこで、ブラックハットSEOに踏み出す結果となってでも、自分のサイトに人工的なリンクを張り続けることが、誰にでもできる有効なSEO対策となります。

ただし、中途半端な知識からまずいリンクの張り方をしてしまうと、逆効果となってしまいます。たとえば、リンクが沢山欲しいからといって同じサイトから何百とリンクを張っても、徒労に終わってしまい、最悪の場合スパムの認定を受けてしまいます。検索エンジンから一度スパムの認定を受けてしまうと、そこに至るまでの努力が全て水の泡になってしまうので、気をつけなければなりません。

リンクが良質か悪質かの基準



まずいリンクと書きましたが、それに対してリンクの積み上げがサイトのSEOの積み上げとして連動するようなリンクを、良質なリンクと言います。
良質なリンクには以下の条件が必要です。


  • 関連した内容のサイトからのリンク

  • 画一的でないリンク

  • ユーザへの不正を行っていないリンク

  • リンクに付随したテキスト情報を持っているリンク



つまり、外部対策の初心者が陥りがちなミスというものは、これらの基準と真逆のことをやってしまっているが故に、悪質なリンクとみなされてしまうというケースなのです。

先ほど例に挙げた同じサイトからの沢山のリンクは、この内「画一的でない」という条件と相反するために、悪質なリンクとみなされてしまいます。検索エンジンが画一的なリンクかどうかを見極める方法は様々ですが、同一サイトや同一プロバイダから大量のリンクが張られていたりすると、確実に「あやしい」リンクだということに気付いてくるようです。

リンクによるSEO対策には、できるだけ慎重になってみて下さい。

テーマ : SEO対策・アクセスアップ
ジャンル : コンピュータ

リンクを沢山貰うためには(2)言及されるための「踏み出し」が必要

SEOに本当に強いサイトというのは、他サイトからの沢山のリンクを貰っているサイトです。これまでこのブログで説明してきた、内部対策に加えて、外部対策も行っているサイトというのが、Googleなど検索エンジンの検索結果で一番最初のページに出てくるようなサイトです。

でも、リンクされることの多いページが評価されるという理屈は分かっていても、実際にそれを踏まえた対策を行う場合、どのようにすれば良いのかわからないかもしれません。これまでの内部対策と異なり、リンクの獲得はサイトを運営する側の努力だけで全て決まるわけではなく、偶然の要素すら絡んでくるものだからです。

しかしながら、サイトがいつか訪問者によってリンクされることを、手をこまねいて見ているというのはただの努力不足です。訪問者がサイトを見て素晴らしいと思ったとき、その体験をすぐに簡単にシェアすることのできる方法を用意しておかなければ、いつまでたってもリンク0のままです。そこで、リンクを貰うためにサイトの運営者ができる「踏み出し」について考えてみましょう。

twitterやFacebookのボタンをつける



リンクされやすい記事を書こうという前回の記事では、twitterFacebookからのリンクはあまり効力を持たないと書きました。実際に、twitterから数十リンクをもらってもその数字の見た目ほどの効果は発生しません。しかし、twitterで話題にされるということは、話題にしたユーザをフォローする多数ユーザの目にも触れることです。つまり、話題になっておいて損はありません。

twitterFacebookから簡単にリンクを貰えるように、いいね!ボタンやツイートするボタンをつけましょう。ブログサービスであれば、標準機能としてボタンの設置をサポートしているところがあります(fc2ブログも、勿論そうです)。WordPressなどでは、プラグインというかたちでサポートしています。また、静的なサイトにいいね!ボタンを追加するサービスもありますので、サイトを立ち上げた際の先客万来のおまじないくらいの気持ちでこれらのボタンを追加しておきましょう。

サイトの目立つ場所にリンク集・リンクポリシーをつける



気に入ったサイトに固定リンクを行いたいと思いついても、そのサイトが果たしてリンクを許可しているのかどうかわからず、結局リンクを諦めてしまうケースというのは多々あります。そこで、サイトの階層の深いところにリンクポリシーを書くだけではなく、目立つ場所にリンク集やリンクポリシーを置きましょう。
サイトの作成者が考えているほど、訪問者はリンクポリシーをすぐに発見することができないものです。また、リンクを貰えない理由の多くが、リンクポリシーの不明瞭さであるということも、作成者の側には思い当たりません。サイト内のどのページからもリンクポリシーが発見できるよう、ユーザビリティを重視するようにしましょう。

自分のサイトが「踏み出し」をできているのか、一度見直してみることも、立派なSEO対策になります。

テーマ : SEO対策・アクセスアップ
ジャンル : コンピュータ

リンクを沢山貰うためには(1)リンクされ易い記事の書き方

あなたがこれまで作ってきたホームページで、誰かからリンクを貰ったことはあるでしょうか。リンクというのは、twitterFacebookのいいね!ではなく、誰かの作ったページからの固定リンクです。

この質問を、十年前にすれば、ほとんどの人からYESの答えが返ってきたと思います。当時はホームページ同士の相互リンクの習慣が珍しくなく、作成されたホームページには必ずと言っていい程リンク集のページがありました。

ところが現在では、WordPressやブログサービスなどを使ってページを作り、他ページへのリンクについては全く張らないというケースが珍しくありません。もともとリンク集ページというのは、静的ページの見た目上のコンテンツを増やすために用意されていたという側面があります。現在主流のブログ形式のページの場合、ページコンテンツは記事を投稿すれば勝手に増えていくので、あえて賑やかしのためにリンクページを作る必要がないと思われているのでしょう。

また、面白いと思ったコンテンツを見つけたときに、サイトからのリンクで紹介するのではなく、twitterFacebookで紹介するというように、紹介の仕方が変わったという背景があります。紹介の手順は、コンテンツに備え付けである「ツイート」ボタンや「いいね!」ボタンを押すというだけですから、まずページのURLというものの存在が認識されていません。面白いコンテンツを紹介するのに、URLをコピーして自分のサイトに貼り付けるという手間すらも、惜しまれるようになってしまいました。

そこで、冒頭の質問に戻りますが、現在ではサイトを立ち上げても全くリンクが貰えず、貰えるのはサイトの評価向上にささやかな影響しかもたないtwitterFacebookからのリンクのみという状況で、アクセスアップに苦戦するサイトも多いのではないでしょうか。これでは、自作自演リンクという形で確実にリンクを集めていくサイトに勝つことが出来ません。

リンクを貰いやすい記事とは



そこで、こうした状況を変えるために、リンクを確実に貰えるような記事を書くことを心がけましょう。リンクを確実に貰える記事というのは、一言で言うのなら、「内容をまるまるコピーするのが難しい記事」です。

たとえばSEOについてのページを新しく作りたいと思ったとき、他のページの文章を咀嚼して、自分のサイトの文章として発表するという作り方はありがちです。もちろん、検索エンジンがペナルティを与えるレベルの一字一句までの一致は許されませんが、他人が紹介した技術記事と同じテーマについて書くときに、そのページを参考にした上で、自分の見解などを加えれば立派にオリジナルな記事となります。

もし参考にした記事が(このブログのように)文章ばかりの記事ならば、紹介側で咀嚼した文章を載せればそれだけで単一の記事として成り立ちます。リンクは必要ありません。ところが、記事に関係ある図表や画像などを貼り付けた記事では、文章だけをコピーしても意味が通らない事があるのです。その場合は、同じような図表をつけて再発表しなくてはならず、文章だけのものと比べて手間もリスクも大きく増えます。

そうした場合に、元記事へのリンクという方法がとられます。新しく作成する記事の側で新たに図表を用意しなくても、「データについてはこちらのページの記事を参考に」とリンクを張れば、文章の中でそのデータを根拠に話を進めることが出来るのです。

つまり、リンクを貰いやすい記事は伝える手間のかかった記事



そこで、どういったページがリンクを貰いやすいかという質問への普遍的な回答は、手間のかかった記事がリンクを貰いやすいというものです。今回は技術系ブログという例で話を進めましたが、それは個人のブログでも、企業のページでも同じです。なるべく本文と関連のある図表を混ぜて、画像やレイアウトで伝えるようにすればよいのです。

面白い話があったときに、話自体で面白さが完結している場合には、話が一人歩きして作者不明のまま伝わっていきますが、もし身振り手振り話し方で面白さを膨らませているのならば、その話を聞きたくなったときに、作者ご本人に登場いただきたくなるでしょう。リンクを張られるかどうかの基準も、それと同じことです。

テーマ : SEO対策・アクセスアップ
ジャンル : コンピュータ

ブログがSEOに強いというのは何故?

「ブログはSEOに強い、だから静的サイトではなく、ブログでサイトを始めた方が良い」

こういった論調をたまに見かける事があります。ホームページ制作を依頼される人の中には、したがって、企業サイトであってもブログ形式にした方が良いのではないか、静的なページを作っても検索結果の下の方に沈んでしまって、無駄な投資になってしまうのではないか、というような心配をされる方がいます。

そういった心配をされる方に、最新のSEO事情をもって回答を行うならば、ブログと静的サイトでそこまで差がつく事はない、と答える事が出来ます。そのために、何故ブログの方が良いという論調がまかり通っていたのか、経緯を追って説明しましょう。

ブログの草創期〜最近まで存在した、ブログの"強み"



検索エンジンの評価で、静的サイトよりもブログが勝っていた時代があった事は確かです。ブログというものはウェブログの略で、自分の書いた記事を適切にカテゴリーごとにまとめ、"ログ"を取ってくれるという機能が売りでした。その部分において、検索エンジンに分かりにくい形でページを作成する一般のサイトより、整ったサイト構造ができ上がるという長所がありました。

また、ブログサービス、ブログクライアントにはトラックバックなどの他のブログとのリンクを効率的に行う仕組みが用意されていました。書いた記事中で他のブログへのリンクを張ると、自動的に相手側からのリンクにもなるのです。ですから、リンクを増やす外部対策という面でも、特に意識せず行えてしまうということが特長になりました。

そして、大手ブログサービスなどの、SEO的に強いサービスにしようという努力もありました。そのため利用者が特に意識せず記事を書いていても、サービス側からのピックアップリンクなどで自動的に外部対策が行えていたのです。記事を更新しても全く顧みられることのない静的サイトとの違いは、そこにありました。

ブログの"強み"に静的サイトも渡り合えるようになった



現在でも、こうしたブログの強みが残っている部分はあります。けれども、静的サイトの側でも適切な対策を行えば、充分ブログと渡り合う事が出来るようになってきたのです。

その理由の一つは、Googleなどの検索エンジンが学習して、ブログが過剰に評価されるような仕組みを見直したことです。それまでは、ブログのように一投稿が複数ページにとっての更新となるような仕組みについて、特に問題もなく複数ページの更新と見なされてきました。これでは、投稿に貼り付けるカテゴリ、タグを作れば作るほどサイト全体のビューが増えるようになってしまいます。そこで、検索エンジン側で重複コンテンツを検知し、評価対象から弾くようにするとともに、あまりに悪質なコピーページの乱造にペナルティを与えるようになったのです。

トラックバックなどの扱いについても、同サービスから過剰に張られたリンクについて検索エンジンが感知し、通常のリンクと同じ扱いでカウントしていかないような対応を行いました。これによってトラックバックの利点は、ブログを更新してからクローラがやってくるまでの時間を短くする程度の役割に抑えられることとなりました。つまり、更新の労を負わなければ、自動的にSEOのスコアが上がる事はありません。

また、状況の変化として大きいのは、HTMLなどの規格の統一、検索エンジン側の整ったHTMLを評価する仕組みの導入などのおかげで、静的ページの制作者にも、どういうサイトの作り方をすれば検索エンジンに評価されるのかが明確になってきたということです。ブログサービスの草創期ほどにSEO最適化を目指すサービスも少なくなってきた現状、逆に小回りが利くという点で、個人のサイトの方が有利になりさえします。

企業サイトをわざわざブログで始めると言う選択は、最早意味を成していない



つまり、企業サイトを作成するときに、ブログサービスにこだわる必要はなくなったわけです。
唯一現在でもブログに一日の長があると思われるのは、サイト更新を感知するための検索エンジンのクローラの巡回頻度ですが、これについては、twitterなどの外部サービスを使って、サイトが更新するたびに更新情報をツイートしてやれば良いのです。

ブログサービスについては、いつ終了してしまうか分からないというデメリットもあります。企業サイトがある日突然行方不明になってしまうということは、企業としての信用を大きく失う結果にもつながりかねません。

したがって、最初に取り上げたような言説は、もはや古くなってしまったものとして認識しておきましょう。

テーマ : SEO対策・アクセスアップ
ジャンル : コンピュータ

プロフィール

FC2USER104343OLT

Author:FC2USER104343OLT
ホームページやブログへのアクセスが少なくて困っていませんか?
せっかく力を入れて作ったホームページでも、閲覧者がいなければ集客効果がありませんし、更新のモチベーションも下がります。そこでSEO対策が重要になります。
このブログでは専門知識があまり無くても手軽に行えるSEO対策を紹介させていただきます。
本格的な対策はSEO専門業者に。でも当ブログでご紹介するちょっとした対策ならば、わずかな手間でアクセスアップができますよ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。