スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リンクを沢山貰うためには(2)言及されるための「踏み出し」が必要

SEOに本当に強いサイトというのは、他サイトからの沢山のリンクを貰っているサイトです。これまでこのブログで説明してきた、内部対策に加えて、外部対策も行っているサイトというのが、Googleなど検索エンジンの検索結果で一番最初のページに出てくるようなサイトです。

でも、リンクされることの多いページが評価されるという理屈は分かっていても、実際にそれを踏まえた対策を行う場合、どのようにすれば良いのかわからないかもしれません。これまでの内部対策と異なり、リンクの獲得はサイトを運営する側の努力だけで全て決まるわけではなく、偶然の要素すら絡んでくるものだからです。

しかしながら、サイトがいつか訪問者によってリンクされることを、手をこまねいて見ているというのはただの努力不足です。訪問者がサイトを見て素晴らしいと思ったとき、その体験をすぐに簡単にシェアすることのできる方法を用意しておかなければ、いつまでたってもリンク0のままです。そこで、リンクを貰うためにサイトの運営者ができる「踏み出し」について考えてみましょう。

twitterやFacebookのボタンをつける



リンクされやすい記事を書こうという前回の記事では、twitterFacebookからのリンクはあまり効力を持たないと書きました。実際に、twitterから数十リンクをもらってもその数字の見た目ほどの効果は発生しません。しかし、twitterで話題にされるということは、話題にしたユーザをフォローする多数ユーザの目にも触れることです。つまり、話題になっておいて損はありません。

twitterFacebookから簡単にリンクを貰えるように、いいね!ボタンやツイートするボタンをつけましょう。ブログサービスであれば、標準機能としてボタンの設置をサポートしているところがあります(fc2ブログも、勿論そうです)。WordPressなどでは、プラグインというかたちでサポートしています。また、静的なサイトにいいね!ボタンを追加するサービスもありますので、サイトを立ち上げた際の先客万来のおまじないくらいの気持ちでこれらのボタンを追加しておきましょう。

サイトの目立つ場所にリンク集・リンクポリシーをつける



気に入ったサイトに固定リンクを行いたいと思いついても、そのサイトが果たしてリンクを許可しているのかどうかわからず、結局リンクを諦めてしまうケースというのは多々あります。そこで、サイトの階層の深いところにリンクポリシーを書くだけではなく、目立つ場所にリンク集やリンクポリシーを置きましょう。
サイトの作成者が考えているほど、訪問者はリンクポリシーをすぐに発見することができないものです。また、リンクを貰えない理由の多くが、リンクポリシーの不明瞭さであるということも、作成者の側には思い当たりません。サイト内のどのページからもリンクポリシーが発見できるよう、ユーザビリティを重視するようにしましょう。

自分のサイトが「踏み出し」をできているのか、一度見直してみることも、立派なSEO対策になります。
スポンサーサイト

テーマ : SEO対策・アクセスアップ
ジャンル : コンピュータ

リンクを沢山貰うためには(1)リンクされ易い記事の書き方

あなたがこれまで作ってきたホームページで、誰かからリンクを貰ったことはあるでしょうか。リンクというのは、twitterFacebookのいいね!ではなく、誰かの作ったページからの固定リンクです。

この質問を、十年前にすれば、ほとんどの人からYESの答えが返ってきたと思います。当時はホームページ同士の相互リンクの習慣が珍しくなく、作成されたホームページには必ずと言っていい程リンク集のページがありました。

ところが現在では、WordPressやブログサービスなどを使ってページを作り、他ページへのリンクについては全く張らないというケースが珍しくありません。もともとリンク集ページというのは、静的ページの見た目上のコンテンツを増やすために用意されていたという側面があります。現在主流のブログ形式のページの場合、ページコンテンツは記事を投稿すれば勝手に増えていくので、あえて賑やかしのためにリンクページを作る必要がないと思われているのでしょう。

また、面白いと思ったコンテンツを見つけたときに、サイトからのリンクで紹介するのではなく、twitterFacebookで紹介するというように、紹介の仕方が変わったという背景があります。紹介の手順は、コンテンツに備え付けである「ツイート」ボタンや「いいね!」ボタンを押すというだけですから、まずページのURLというものの存在が認識されていません。面白いコンテンツを紹介するのに、URLをコピーして自分のサイトに貼り付けるという手間すらも、惜しまれるようになってしまいました。

そこで、冒頭の質問に戻りますが、現在ではサイトを立ち上げても全くリンクが貰えず、貰えるのはサイトの評価向上にささやかな影響しかもたないtwitterFacebookからのリンクのみという状況で、アクセスアップに苦戦するサイトも多いのではないでしょうか。これでは、自作自演リンクという形で確実にリンクを集めていくサイトに勝つことが出来ません。

リンクを貰いやすい記事とは



そこで、こうした状況を変えるために、リンクを確実に貰えるような記事を書くことを心がけましょう。リンクを確実に貰える記事というのは、一言で言うのなら、「内容をまるまるコピーするのが難しい記事」です。

たとえばSEOについてのページを新しく作りたいと思ったとき、他のページの文章を咀嚼して、自分のサイトの文章として発表するという作り方はありがちです。もちろん、検索エンジンがペナルティを与えるレベルの一字一句までの一致は許されませんが、他人が紹介した技術記事と同じテーマについて書くときに、そのページを参考にした上で、自分の見解などを加えれば立派にオリジナルな記事となります。

もし参考にした記事が(このブログのように)文章ばかりの記事ならば、紹介側で咀嚼した文章を載せればそれだけで単一の記事として成り立ちます。リンクは必要ありません。ところが、記事に関係ある図表や画像などを貼り付けた記事では、文章だけをコピーしても意味が通らない事があるのです。その場合は、同じような図表をつけて再発表しなくてはならず、文章だけのものと比べて手間もリスクも大きく増えます。

そうした場合に、元記事へのリンクという方法がとられます。新しく作成する記事の側で新たに図表を用意しなくても、「データについてはこちらのページの記事を参考に」とリンクを張れば、文章の中でそのデータを根拠に話を進めることが出来るのです。

つまり、リンクを貰いやすい記事は伝える手間のかかった記事



そこで、どういったページがリンクを貰いやすいかという質問への普遍的な回答は、手間のかかった記事がリンクを貰いやすいというものです。今回は技術系ブログという例で話を進めましたが、それは個人のブログでも、企業のページでも同じです。なるべく本文と関連のある図表を混ぜて、画像やレイアウトで伝えるようにすればよいのです。

面白い話があったときに、話自体で面白さが完結している場合には、話が一人歩きして作者不明のまま伝わっていきますが、もし身振り手振り話し方で面白さを膨らませているのならば、その話を聞きたくなったときに、作者ご本人に登場いただきたくなるでしょう。リンクを張られるかどうかの基準も、それと同じことです。

テーマ : SEO対策・アクセスアップ
ジャンル : コンピュータ

SEOテクニック アドレスにキーワードを入れるのは有効か

WEBページのタイトルにターゲティングするキーワードを入れて、検索エンジンに重視するキーワードを伝えるというテクニックは、SEOの基本中の基本です。

キーワードターゲティングが終わったら

このテクニックは、既に存在するページへの対策としても有効なものですが、もしページを新規に立ち上げるところから関わる事が出来るのならば、ページのアドレスにもキーワードを潜ませることで、もう一歩踏み込んだプッシュができます。

これは、アルファベットを使う言語圏では当たり前のSEO対策ととられています。ですから英語のドメイン名のうち意味のあるものは、常に人気で高額な取引の対象になります。

たとえば、当ブログのアドレスにはSEOという単語が入っていますが、これもページがSEOと関係のあるページというアピールを考えてのことです。検索エンジンでSEOという単語を調べると、結果一覧でSEOという言葉が太字になっており強調されますが、この強調がサイトのアドレスについても適用されているのを確認して下さい。

アルファベットでのキーワードプッシュについては、このように単純な話で終わりますが、アピールしたいキーワードが日本語の場合、アドレスを使ってアピールをする事は可能なのでしょうか。

一応、そういったニーズのために日本語ドメインネームというものもあります。日本語ドメインネームとは、日本語.jpのようなドメインネームで、比較的インターネットの歴史の中では新しいものです。導入時には各所のニュースで報じられておりましたが、最近ではめっきり話題を聞かなくなりました。その原因はなによりも英字のドメインと比べて価格が高いということと、価格に見合った(一発逆転的な)SEO効果が無かったということにつきます。

では、日本語キーワードをアドレスに噛ませる事での最適化が現実的でないかというと、そうでもありません。たとえばブログの記事などのページアドレスを、一部だけ日本語の文言にする設定が出来ます(例:http://seoforaccessup.blog.fc2.com/SEOテクニック/)。環境によってはURLがエスケープされてしまうので、コピー&ペーストしたらパーセント記号だらけのアドレスになってしまい、何も知らない訪問者をギョッとさせる結果になるかもしれませんが、地のSEO効果としては確かに期待できますので、利便性とのトレードオフで採用してみても良いかもしれません。

アドレスに日本語でキーワードを入れる事の効果は、他サイトからリンクが貼られるときに、リンクテキストに必ずキーワードを入れてくれるということにも現れます。たとえば、ホームラン.jpというように日本語が含まれたリンクの方が、home-lan.jpという文字列につけられたリンクより、「ホームラン」というキーワードのアピールになります。

とは言え、被リンクの対策について、ユーザの自然な評判形成にまかせるのではなくサテライトサイトからのリンクでまかなうことのできるSEO業者にとっては、リンクテキストについても最適化したものを選び貼ることができるわけですから、わざわざ日本語アドレスを取得してもそれほど効果の比率が高くないというのも事実です。

タイトルに挙げたような質問に答えるのならば、こういう答えができます。「確かにキーワード入りのアドレスは一部分では有効だが、優先順位としてはそれほど高くない。何よりそういう対策をして、対策をしてないサイトに抜群の差を付けたと言う事例は聞いた事がない」
日本語を含むアドレスの導入については、それほど神経質にならなくても良いでしょう。

テーマ : SEO対策・アクセスアップ
ジャンル : コンピュータ

地域SEOのためにaddressタグを正しく使う

企業のホームページがSEOによる集客を考えるとき、サービスエリア外からの訪問者を沢山集めても仕方が無いので、キーワードターゲティングでは地域名を絡める事が大切です。そこでまずタイトルに地域名を入れて、(「札幌市で地元密着 ○○株式会社」など)meta descriptionmeta keywordにもキーワードを登場させるというのは鉄則です。

参考:SEO用語集「キーワードターゲティング」
参考:meta descriptionの設定方法
参考:meta keywordの設定方法

ただ、これだけでは検索エンジンに対して、企業が対象とする地域のアピールが出来たとは言えません。検索エンジンの進化の方向は、ユーザが本当に必要とする情報を結果として返すようになるというものです。もしユーザが沖縄県に住んでいるという情報を把握できているなら、なるべく検索結果に北海道の企業は出したくない。

そこで、企業の所在情報を明示して検索エンジンにアピールする必要があります。そうした役割を持っているのが、<address>タグです。

<address>タグには、WEBページの本文中に出現したサイト作成者の住所、電話番号、メールアドレス等を囲みそれが作成者のものだと明示する効果があります。使用は任意で、各ページに必ず無ければならないというものではありませんが、企業の住所などをこの<address>タグで囲む事により、企業と地域の結びつけが強固になります。全ページに出現するフッターなどに、企業情報として住所を<address>タグで囲んだものを入れておくと良いでしょう。

使用に当たっての注意点があります。<address>タグHTML5以前にも存在しており、HTML5になっても基本的には使い方は変わらないのですが、HTML5で新たに登場した<article>タグの中にこの<address>タグを入れてしまうと、効果がその<article>タグの中に限定されてしまいます。これは、たとえばグループ企業一覧ページなどを作り、紹介した企業とその企業の所在地を一対一で対応させたい場合などには便利な仕組みですが、それ以外の場合には<address>タグの効果を狭めてしまう事になるので、注意が必要です。

その他の注意点としては、<address>タグには標準で斜体のスタイルが指定されている場合が多いので、見栄えが気になる場合CSSを使ってこのスタイルを解除してしまいましょう。

テーマ : SEO対策・アクセスアップ
ジャンル : コンピュータ

HTML5で大逆転のタグ strong、em、smallをSEOに使う

10年以上前、テキストサイトというジャンルのホームページがインターネット上で隆盛を極めていました。
何しろ現在と異なりナローバンドの時代でしたから、インターネット上の娯楽と言えば動画サイトや画像サイトではなく、このテキストサイトでした。当時の人気テキストサイトの管理人であるというのは、今で言うのなら動画サイトの人気実況者として有名であるのと同じくらいの栄誉でした。そこで、人気ページが考えだしたテキストを面白おかしく魅せる方法というものが、ワナビーの後追いサイトによって爆発的に広まり、ネット上のテキストにおける文体になるまでに至ったものです。

テキストサイトの魅せ方として、強調したい部分の文字を過剰に大きくする、さらに色を付けるといった、ページ容量を圧迫しない方法がいくつも考えだされました。今回紹介するタグは、そうした時代の遺物ながら、HTML5というジェネレーションに至ってまた新たなSEO的意味を持つようになったものです。

まず、<strong>タグ。これはテキストを手っ取り早くボールドにして強調表示するために使われました。そして<em>タグ。こちらも、emphasis(強調)の略語であり、強調表示を意味します。ちょうどお笑い番組が芸人の発言にテロップをかぶせるようなイメージで、印象に残したい部分のテキストに多用されました。
そして、<small>タグ。これはテキストフォントのサイズを小さくする効果のため、ヒソヒソ声や心の声などを表す場面で使われました。

これらのタグは、実はHTML4.01が主流の時代には絶滅危惧種であったのです。テキストサイトにみられる装飾のためのタグ使用があまりに氾濫していたため、文章の論理構造を表すというXMLの性格からWEBのマークアップ言語であるHTMLがはずれていってしまうことを、標準化団体が危惧し、将来における廃止を示唆したからです。

これらのタグの廃止宣言が出された背景には、なかなか普及に至らないCSSによる文書の装飾の外部ファイル化という状況がありました。しかしながら、長年の普及活動が実を結んだのか、現在ではほとんど全てのウェブページがスタイル装飾にCSSを使用しております。

そして、ふたを開けてみればHTML4.01の次のバージョンHTML5で、これらのタグの続投が明言されていたのです。

HTML5での仕様によれば、<strong>タグ<em>タグは文字通り、強調したい部分の明示に使います。もちろんその強調はスタイルとのセットではなく、論理的なものなので、<strong>タグに囲まれていながら地の文と同じ色・大きさという指定も考えられます。
<small>タグは特殊です。HTML5での<small>タグは、ヒソヒソ声の表現ではなく、いわゆる細則や注意書きのような、ページの本文と異なった重みを持つテキストを表すのに使います。

したがって、これらのタグの活用はページの論理構造に少しメリハリを付ける効果をもたらします。もちろんSEOの観点から、これらのタグにより重み付けをされた部分のテキストは重視されることになります。その度合いは見出しタグほどではないものの、十分計算計算に入れられるほどの効果を期待できます。

もちろんこれらのタグをSEOに用いる場合、文書はHTML5として宣言されていなければなりません。かつて一世を風靡したテキストサイトの、文書タイプ宣言だけHTML5にしてみれば、本筋と異なった面白い論理構造が浮かび上がるかもしれません。

テーマ : SEO対策・アクセスアップ
ジャンル : コンピュータ

プロフィール

FC2USER104343OLT

Author:FC2USER104343OLT
ホームページやブログへのアクセスが少なくて困っていませんか?
せっかく力を入れて作ったホームページでも、閲覧者がいなければ集客効果がありませんし、更新のモチベーションも下がります。そこでSEO対策が重要になります。
このブログでは専門知識があまり無くても手軽に行えるSEO対策を紹介させていただきます。
本格的な対策はSEO専門業者に。でも当ブログでご紹介するちょっとした対策ならば、わずかな手間でアクセスアップができますよ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。