スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SEOテクニック アドレスにキーワードを入れるのは有効か

WEBページのタイトルにターゲティングするキーワードを入れて、検索エンジンに重視するキーワードを伝えるというテクニックは、SEOの基本中の基本です。

キーワードターゲティングが終わったら

このテクニックは、既に存在するページへの対策としても有効なものですが、もしページを新規に立ち上げるところから関わる事が出来るのならば、ページのアドレスにもキーワードを潜ませることで、もう一歩踏み込んだプッシュができます。

これは、アルファベットを使う言語圏では当たり前のSEO対策ととられています。ですから英語のドメイン名のうち意味のあるものは、常に人気で高額な取引の対象になります。

たとえば、当ブログのアドレスにはSEOという単語が入っていますが、これもページがSEOと関係のあるページというアピールを考えてのことです。検索エンジンでSEOという単語を調べると、結果一覧でSEOという言葉が太字になっており強調されますが、この強調がサイトのアドレスについても適用されているのを確認して下さい。

アルファベットでのキーワードプッシュについては、このように単純な話で終わりますが、アピールしたいキーワードが日本語の場合、アドレスを使ってアピールをする事は可能なのでしょうか。

一応、そういったニーズのために日本語ドメインネームというものもあります。日本語ドメインネームとは、日本語.jpのようなドメインネームで、比較的インターネットの歴史の中では新しいものです。導入時には各所のニュースで報じられておりましたが、最近ではめっきり話題を聞かなくなりました。その原因はなによりも英字のドメインと比べて価格が高いということと、価格に見合った(一発逆転的な)SEO効果が無かったということにつきます。

では、日本語キーワードをアドレスに噛ませる事での最適化が現実的でないかというと、そうでもありません。たとえばブログの記事などのページアドレスを、一部だけ日本語の文言にする設定が出来ます(例:http://seoforaccessup.blog.fc2.com/SEOテクニック/)。環境によってはURLがエスケープされてしまうので、コピー&ペーストしたらパーセント記号だらけのアドレスになってしまい、何も知らない訪問者をギョッとさせる結果になるかもしれませんが、地のSEO効果としては確かに期待できますので、利便性とのトレードオフで採用してみても良いかもしれません。

アドレスに日本語でキーワードを入れる事の効果は、他サイトからリンクが貼られるときに、リンクテキストに必ずキーワードを入れてくれるということにも現れます。たとえば、ホームラン.jpというように日本語が含まれたリンクの方が、home-lan.jpという文字列につけられたリンクより、「ホームラン」というキーワードのアピールになります。

とは言え、被リンクの対策について、ユーザの自然な評判形成にまかせるのではなくサテライトサイトからのリンクでまかなうことのできるSEO業者にとっては、リンクテキストについても最適化したものを選び貼ることができるわけですから、わざわざ日本語アドレスを取得してもそれほど効果の比率が高くないというのも事実です。

タイトルに挙げたような質問に答えるのならば、こういう答えができます。「確かにキーワード入りのアドレスは一部分では有効だが、優先順位としてはそれほど高くない。何よりそういう対策をして、対策をしてないサイトに抜群の差を付けたと言う事例は聞いた事がない」
日本語を含むアドレスの導入については、それほど神経質にならなくても良いでしょう。
スポンサーサイト

テーマ : SEO対策・アクセスアップ
ジャンル : コンピュータ

地域SEOのためにaddressタグを正しく使う

企業のホームページがSEOによる集客を考えるとき、サービスエリア外からの訪問者を沢山集めても仕方が無いので、キーワードターゲティングでは地域名を絡める事が大切です。そこでまずタイトルに地域名を入れて、(「札幌市で地元密着 ○○株式会社」など)meta descriptionmeta keywordにもキーワードを登場させるというのは鉄則です。

参考:SEO用語集「キーワードターゲティング」
参考:meta descriptionの設定方法
参考:meta keywordの設定方法

ただ、これだけでは検索エンジンに対して、企業が対象とする地域のアピールが出来たとは言えません。検索エンジンの進化の方向は、ユーザが本当に必要とする情報を結果として返すようになるというものです。もしユーザが沖縄県に住んでいるという情報を把握できているなら、なるべく検索結果に北海道の企業は出したくない。

そこで、企業の所在情報を明示して検索エンジンにアピールする必要があります。そうした役割を持っているのが、<address>タグです。

<address>タグには、WEBページの本文中に出現したサイト作成者の住所、電話番号、メールアドレス等を囲みそれが作成者のものだと明示する効果があります。使用は任意で、各ページに必ず無ければならないというものではありませんが、企業の住所などをこの<address>タグで囲む事により、企業と地域の結びつけが強固になります。全ページに出現するフッターなどに、企業情報として住所を<address>タグで囲んだものを入れておくと良いでしょう。

使用に当たっての注意点があります。<address>タグHTML5以前にも存在しており、HTML5になっても基本的には使い方は変わらないのですが、HTML5で新たに登場した<article>タグの中にこの<address>タグを入れてしまうと、効果がその<article>タグの中に限定されてしまいます。これは、たとえばグループ企業一覧ページなどを作り、紹介した企業とその企業の所在地を一対一で対応させたい場合などには便利な仕組みですが、それ以外の場合には<address>タグの効果を狭めてしまう事になるので、注意が必要です。

その他の注意点としては、<address>タグには標準で斜体のスタイルが指定されている場合が多いので、見栄えが気になる場合CSSを使ってこのスタイルを解除してしまいましょう。

テーマ : SEO対策・アクセスアップ
ジャンル : コンピュータ

プロフィール

FC2USER104343OLT

Author:FC2USER104343OLT
ホームページやブログへのアクセスが少なくて困っていませんか?
せっかく力を入れて作ったホームページでも、閲覧者がいなければ集客効果がありませんし、更新のモチベーションも下がります。そこでSEO対策が重要になります。
このブログでは専門知識があまり無くても手軽に行えるSEO対策を紹介させていただきます。
本格的な対策はSEO専門業者に。でも当ブログでご紹介するちょっとした対策ならば、わずかな手間でアクセスアップができますよ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。