スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SEO用語集「IP分散」

SEO業者が顧客を煙に巻くための専門用語第一位「IP分散」



SEO業者から会社に営業の電話がかかってきたことは無いでしょうか。あるいは、SEOの資料の送付をしてくる会社はありませんでしょうか。それらの会社の営業文句、営業資料ともに、難しい専門用語を並べ立てて、いかにもその会社のサービスに真っ当な根拠があるかのように見せたてています。
資料の中で、よく使われているのが「IP分散」という言葉です。当社サービスの○個の特徴などといったセクションで、「IP分散率100%」「クラスC完全分散」というような文句が添えられています。でも、それが何を意味しているのか、顧客の側からは判りづらいですよね。

「IP分散」の意味



親切なSEO業者は、「IP分散」の意味について説明をつけてくれているかもしれません。曰く、WEBサイトへの外部リンクを張る際の、リンク元ドメインのIPを分散させることで、検索エンジンに不正なリンクであると察知されにくくする等々。前回の良質なリンク、良質でないリンクという記事中で説明した、良質なリンクの条件、「画一的でないリンク」を満たすために、IP分散を行っているという主張です。

では、IPとは何でしょう?そして、分散させるとは?それがわかれば、業者の説明についても理解することが出来るような気がします。

IPは、サーバーに与えられる12桁の番地



IPは、123,456,789,000のような3桁ずつ区切った12桁の数字です。この数字は、サーバに与えられる番地を意味しており、たとえばAというサーバのIPが123,456,789,000だったとしたら、そのIPを持つサーバはAしかないということになります。
あくまでSEO基本入門のブログですので、細かい説明を端折りますが、この番地は同じレンタルサーバであれば似通った番地がつけられることになります。たとえばfc2.comでアカウントを2つ作成した場合、どちらのアカウントも似たようなIPアドレスになります。ちょうど東京都千代田区神田1丁目3という番地と、東京都千代田区神田1丁目4という番地のような関係です。したがって、検索エンジンとしては、この2つのアカウントからのリンクは画一的なリンクと見なし、1アカウントからのリンクとしてしか見なさない、という判断が出来ます。

そこで、画一的でないリンクと評価してもらうために、リンク元のIP分散という前提が必要となってくるわけです。

クラスC分散とは



とは言え、先の例でいいますと、東京都千代田区神田1丁目3からのリンクと、東京都町田市原町田1丁目3からのリンクが、東京都が共通しているから画一的なリンクであり、無効と判断してしまうのであれば、全てのリンクが無効となってしまいます。そこで、東京都千代田区神田まで同じだったら無効ですというような、程度による判断を取り入れる必要が出てきます。
「東京都」をクラスA、「千代田区」をクラスB、「神田1丁目」をクラスC、「3」をクラスDというように分けて、最低限クラスCが異なっていれば、画一的でないリンクとみなす。こういう方法です。IPアドレスの数字で説明すると、123,456,789,000のうち、「123」がクラスA、「456」がクラスB、「789」がクラスC、「000」がクラスDになります。クラスC分散はしたがって、「789」の部分が異なるアドレスを必ず使いますよという宣言なのです。

何故クラスC?



何故クラスCを分散の基準とするのか。これは、検索エンジンのGoogleがクラスCの数字で分散を判断するという特許を持っているからです。
特許を持っていても、使っていない可能性もあるのでは?これは実は真っ当な指摘です。SEO業者としても、その点を突かれると非常に弱いです。ただ、似たようなIPアドレスからのリンクが効果を持たないということは、実際に実証されていることなので(実証の方法は簡単ですね)、うちの会社はリンクの画一性を避けるために、クラスCの分散を保証しています!という言い方は、良い落としどころになるのです。

クラスCのIP分散は必ずしも決定的要素ではない



クラスCのIP分散が無いからといって、その業者のSEO対策には落ち度がある、と言うことはできません。ただ、業者としては、競合する業者よりもより多くのアピールポイントを持ちたい、ということで、クラスCという限度を設けた上で、IP分散の概念を持ち出しているのです。
クラスCより上、クラスBのIP分散を保証しようとすると、世界中にサーバを分散させなければなりません。クラスCであれば、日本国内でまかなうことができます。そうしたドメイン業者の都合が、SEO業者の都合より上位に存在するのです。おそらく、GoogleがクラスB分散の特許を持っていたら、売り文句には使われなかったのではないでしょうか。
スポンサーサイト

テーマ : SEO対策・アクセスアップ
ジャンル : コンピュータ

良質なリンク、良質でないリンク

実はデリケートな外部対策



SEO対策のうち、外部対策の中心となってくるのは、いかに多くのサイトから自分のサイトにリンクを貰うかということです。そこで、ブラックハットSEOに踏み出す結果となってでも、自分のサイトに人工的なリンクを張り続けることが、誰にでもできる有効なSEO対策となります。

ただし、中途半端な知識からまずいリンクの張り方をしてしまうと、逆効果となってしまいます。たとえば、リンクが沢山欲しいからといって同じサイトから何百とリンクを張っても、徒労に終わってしまい、最悪の場合スパムの認定を受けてしまいます。検索エンジンから一度スパムの認定を受けてしまうと、そこに至るまでの努力が全て水の泡になってしまうので、気をつけなければなりません。

リンクが良質か悪質かの基準



まずいリンクと書きましたが、それに対してリンクの積み上げがサイトのSEOの積み上げとして連動するようなリンクを、良質なリンクと言います。
良質なリンクには以下の条件が必要です。


  • 関連した内容のサイトからのリンク

  • 画一的でないリンク

  • ユーザへの不正を行っていないリンク

  • リンクに付随したテキスト情報を持っているリンク



つまり、外部対策の初心者が陥りがちなミスというものは、これらの基準と真逆のことをやってしまっているが故に、悪質なリンクとみなされてしまうというケースなのです。

先ほど例に挙げた同じサイトからの沢山のリンクは、この内「画一的でない」という条件と相反するために、悪質なリンクとみなされてしまいます。検索エンジンが画一的なリンクかどうかを見極める方法は様々ですが、同一サイトや同一プロバイダから大量のリンクが張られていたりすると、確実に「あやしい」リンクだということに気付いてくるようです。

リンクによるSEO対策には、できるだけ慎重になってみて下さい。

テーマ : SEO対策・アクセスアップ
ジャンル : コンピュータ

プロフィール

FC2USER104343OLT

Author:FC2USER104343OLT
ホームページやブログへのアクセスが少なくて困っていませんか?
せっかく力を入れて作ったホームページでも、閲覧者がいなければ集客効果がありませんし、更新のモチベーションも下がります。そこでSEO対策が重要になります。
このブログでは専門知識があまり無くても手軽に行えるSEO対策を紹介させていただきます。
本格的な対策はSEO専門業者に。でも当ブログでご紹介するちょっとした対策ならば、わずかな手間でアクセスアップができますよ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。