スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SEO用語集「ホワイトハット」「ブラックハット」

ホームページのアクセスアップのためのSEO。どのような対策を行うかについては、デメリットも理解した上での適切な線引きが必要という話をしましたね。

これまでの説明の中で、しばしば「公正」と「不正」という言葉が登場しましたが、それは検索エンジンの適切な検索結果を表示するという目的に適った対策であるかどうかという基準によります。

公正」なSEO対策のことを、専門用語で「ホワイトハット」といい、一方「不正」なSEO対策のことを、「ブラックハット」と言います。

ここで、「公正なSEO対策」という言葉を使いましたが、そもそも検索順位を現在より上げるための対策がSEO対策であって、それは適切な検索順位の表示という目的には相反する。つまり矛盾した言葉ではないか?と思われる方がいるかもしれません。

いえ、ホワイトハットSEOの手法は、沢山存在するのです。それは何故かというと、検索順位はページが有益かどうかという指標以外に、それが検索エンジンが理解し易いページであるかという指標によっても決められるからです。

そこで、次回以降は代表的なホワイトハットSEOについて、具体的な説明をしていきたいと思います。

ひとつ、付け足しになりますが、強弁させてください。

世の中には山ほどSEO業者があり、様々な方法を用いたSEO対策を行っています。
「検索順位が大幅アップします!」といううたい文句で仕事を受ける、その業者が使っているSEOの手法は、果たしてホワイトハットでしょうか?ブラックハットでしょうか?
ブラックハットSEOには、先述の通り大きなデメリットがついて回る場合があるのですが、それを知らせずにただ無闇に検索順位を上げる対策を行う業者は、基本的にあとは野となれ山となれというポジションで仕事をしています。
したがって、SEOを業者に委託する場合には、対策の具体的方法と、それを行うことによるデメリット、これをはじめに説明させた上で、あくまで手法の選択をするのはこちらであるという確認を行ってから、具体的な契約を行うべきです。成果報酬制ならば、なおさら。自分の知らないところで勝手に会社の名前を使って悪評につながり得る活動をされては困りますね。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : SEO対策・アクセスアップ
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

FC2USER104343OLT

Author:FC2USER104343OLT
ホームページやブログへのアクセスが少なくて困っていませんか?
せっかく力を入れて作ったホームページでも、閲覧者がいなければ集客効果がありませんし、更新のモチベーションも下がります。そこでSEO対策が重要になります。
このブログでは専門知識があまり無くても手軽に行えるSEO対策を紹介させていただきます。
本格的な対策はSEO専門業者に。でも当ブログでご紹介するちょっとした対策ならば、わずかな手間でアクセスアップができますよ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。