スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リンクを沢山貰うためには(2)言及されるための「踏み出し」が必要

SEOに本当に強いサイトというのは、他サイトからの沢山のリンクを貰っているサイトです。これまでこのブログで説明してきた、内部対策に加えて、外部対策も行っているサイトというのが、Googleなど検索エンジンの検索結果で一番最初のページに出てくるようなサイトです。

でも、リンクされることの多いページが評価されるという理屈は分かっていても、実際にそれを踏まえた対策を行う場合、どのようにすれば良いのかわからないかもしれません。これまでの内部対策と異なり、リンクの獲得はサイトを運営する側の努力だけで全て決まるわけではなく、偶然の要素すら絡んでくるものだからです。

しかしながら、サイトがいつか訪問者によってリンクされることを、手をこまねいて見ているというのはただの努力不足です。訪問者がサイトを見て素晴らしいと思ったとき、その体験をすぐに簡単にシェアすることのできる方法を用意しておかなければ、いつまでたってもリンク0のままです。そこで、リンクを貰うためにサイトの運営者ができる「踏み出し」について考えてみましょう。

twitterやFacebookのボタンをつける



リンクされやすい記事を書こうという前回の記事では、twitterFacebookからのリンクはあまり効力を持たないと書きました。実際に、twitterから数十リンクをもらってもその数字の見た目ほどの効果は発生しません。しかし、twitterで話題にされるということは、話題にしたユーザをフォローする多数ユーザの目にも触れることです。つまり、話題になっておいて損はありません。

twitterFacebookから簡単にリンクを貰えるように、いいね!ボタンやツイートするボタンをつけましょう。ブログサービスであれば、標準機能としてボタンの設置をサポートしているところがあります(fc2ブログも、勿論そうです)。WordPressなどでは、プラグインというかたちでサポートしています。また、静的なサイトにいいね!ボタンを追加するサービスもありますので、サイトを立ち上げた際の先客万来のおまじないくらいの気持ちでこれらのボタンを追加しておきましょう。

サイトの目立つ場所にリンク集・リンクポリシーをつける



気に入ったサイトに固定リンクを行いたいと思いついても、そのサイトが果たしてリンクを許可しているのかどうかわからず、結局リンクを諦めてしまうケースというのは多々あります。そこで、サイトの階層の深いところにリンクポリシーを書くだけではなく、目立つ場所にリンク集やリンクポリシーを置きましょう。
サイトの作成者が考えているほど、訪問者はリンクポリシーをすぐに発見することができないものです。また、リンクを貰えない理由の多くが、リンクポリシーの不明瞭さであるということも、作成者の側には思い当たりません。サイト内のどのページからもリンクポリシーが発見できるよう、ユーザビリティを重視するようにしましょう。

自分のサイトが「踏み出し」をできているのか、一度見直してみることも、立派なSEO対策になります。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : SEO対策・アクセスアップ
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

FC2USER104343OLT

Author:FC2USER104343OLT
ホームページやブログへのアクセスが少なくて困っていませんか?
せっかく力を入れて作ったホームページでも、閲覧者がいなければ集客効果がありませんし、更新のモチベーションも下がります。そこでSEO対策が重要になります。
このブログでは専門知識があまり無くても手軽に行えるSEO対策を紹介させていただきます。
本格的な対策はSEO専門業者に。でも当ブログでご紹介するちょっとした対策ならば、わずかな手間でアクセスアップができますよ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。